【FXやり方】初心者におすすめの少額投資から始めるFXまとめ

FX初心者のためのFX少額投資のやり方まとめです。1万円という少ない資金からできるFXの始め方を分かりやすく解説しています。
フレーム上

FXを少額から始めるには?

FXの魅力の中の一つは、レバレッジがというものがあります。

このレバレッジというのを文字どおり訳すと「てこ」という意味で、FX業者に取引保証金(証拠金)を預けることによって、その金額以上の売買が、できることを指します。

レバレッジをどのくらいかけられるかはFX業者によってまちまちですが、規制前と比べたところ、その倍率は低いものになっています。

株式の取引は自動的に税金を差し引く特定口座があるのに対し、FX取引の場合は特定口座がまだないため、自分で税務署へ納税する必要があります。

でも、計算間違いやうっかり忘れたりして脱税するミスが増えています。

株式と同じくらいの税率になったFXにも特定口座制度設立が期待されているのです。

FXに魅力を感じる1つのポイントである多額な投資をしなくてもいい理由は、レバレッジを活用できるからです。

FXは、FX業者に証拠となるお金を入金することによって、その金額の何十倍の金額でトレードをさせてもらえます。

要するに、少ないお金で多大な利益が出る可能性があるというわけです。

これこそがレバレッジの利点です。

FX投資をする時には、重要なのは損切りだといわれています。

もし、損切りができないとすると負ける可能性が高まります。

リスク管理を損切りと呼びますから、これができないとお金を大損するかもしれません。

初心者が失敗する多くの原因は、損切りするのが遅いからです。

損切りを後回しにして大損をするケースが少なくないでしょう。

FXトレードにて適切なエントリーポイントで入ることは非常に重要です。

最も適したエントリーポイントで入れれば、短時間で利益を大きく出すことも可能です。

それと、たとえ思惑が外れた時でも損切りした際の被害が小さく済むのです。

とはいえ、100%完全なポイントは困難なので、90%くらいを目指すことがよいでしょう。

FXならレバレッジをかけられることもあり、自身の予想と逆に、動いたケースには、損切りを余儀なくされてしまうことがかなり多いと言えます。

いっぺんに手持ちの資金が無くなる事も、多々あることなのです。

ですが、FXのほうが株よりも効率よく利益を出すことができるとは言えるかもしれません。

口座開設キャンペーンを行ったりしているFX会社なんかもあります。

単に口座の開設をやるよりも、キャンペーンを利用したほうが断然得です。

けれども、FX会社によっては、決められた金額の入金が必要であったり、取引を実際に行わなければいけない場合もあります。

キャンペーンの適用の条件はFX会社ごとに変わってきますので、気をつけておいて下さい。

一発勝負ではなしに、継続的に利益を得られるようにFXでの立ち回りを考えるとなってくると、前もってのシミュレーションは必要ですし、儲けている人の大半が実際にしていることなのでしょう。

そのためには、自動取引用のソフトを利用してバックテストを試すのが最も簡単なので、なるべく早く導入することが勝つための秘訣です。

為替相場の揺れが大きい中央銀行によって政策金利発表や指標発表がなされる時などは、スプレッドが大きくなることが予想されますから、FX業者の約定力が重要です。

3円以上相場が動いてきますと、スプレッドだけを考えるのではなくスリッページも念頭に置く必要が出てきます。

成行注文でスリッページを狭くしても、約定力を落とさない業者を探すと良いでしょう。

外国の通貨との売買をする際に、通貨の売り買いの時期を判断する決め手の一つとなるのが保持通貨比率です。

ポジション比率とは取引対象通貨の組み合わせが保有されている為替損益を計算したものです。

FXの予想利益を知るには、企業のサービスを利用してくれている人達のポジション比率を公開しているFX業者のWEBサイトを参考にするといいでしょう。

FX少額投資のやり方と注意点

長い事、低金利が続いている日本では、定期預金の金利はほとんどつかないですがだからとはいえ、危険性の高い投資で資産をまわすのはちょっと不安だという人に人気があるのが外国の通貨を売買して利益を出す取引のスワップ投資です。

同じような外国通貨を売買して利益を生み出す投資でも通貨を売買した差額で得る利益より危険性が少なく初めての方でも利益を生み出しやすいと言われています。

FX投資をやりたいと思ったら、最初に、使うFX会社を決定してください。

FX会社によって、様々な特色があるので、注意して選びましょう。

選取したFX会社のサイトから、口座の開設を申し込むと審査が開始され、審査に通過すると、必要書類が手元に届きます。

投資資金を口座に入金したら、いつでもFX取引を開始できます。

外国為替投資を手短にいうと外国為替の取引価格の差額によって利潤を出すというものです投資初心者でも簡単に儲けられると流行ったこともありますが、稼ぐチャンスがある一方で、大きな損出が生じることもあります。

損失が出る可能性を考えた上で始めることをオススメします。

安直にFX投資に手を出して損を出した人も多いです。

FX投資を選んだ際に知っていなければならないのがFXチャートの流れを知ることです。

FXチャートの役割は、為替相場の動きをわかりやすくグラフ化したものです。

数値だけではわかりにくいですが、グラフ化していくことで理解しやすくなります。

FXチャートの効果的な使い方を知らないと最終的な利益が落ち込むことになるので、きちんと見方を覚えておいてください。

FX業者に売りや買いの注文をしたら絶対に成立するものだと考える人もいるのではないでしょうか。

でも、約定力が高くないFX業者の場合、一度に注文が集中すると、システムの耐久力を超えてしまい、約定ができなくなったり、システムが機能しなくなるケースもあります。

損益が大きく変動しますから、FX業者の約定力はとても大切なポイントです。

FXと外貨預金との違いに、レバレッジや元本保証の利用などがあります。

外貨預金というものはそもそも銀行への預金ですから、基本的には元本保証がなされます。

FXではレバレッジが使えて、手元の資金より数十倍もの金額で運用していくことが可能ですが、反対に、大きな損失が発生してしまうこともあるので、ハイリスクにもなるのです。

FXはスワップポイントを目的に豪ドル円やニュージーランドドル円といった高金利通貨を保有を続けることがありますが、円高の方に保有後に進んでしまうと得ることの出来るスワップポイントより為替差損のほうが増えてしまうことがあります。

FX投資をスワップポイント狙いですれば、利益がとても出しやすいとされますが、損をしてしまうこともあるのです。

FX投資で稼いだ利益には税金がいくらになるのでしょうか?FX投資によって稼いだ利益は税制上、「雑所得」扱いとなります。

一年間の雑所得の合計が20万円以下に当てはまる場合は、税金がかかることはありません。

ただし、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告のお手続きをすることになります。

税金を払わないと脱税となりますので、用心してください。

FXの場合は、どの通貨ペアに投資するかが重要になりますが、初心者にとっては何をどうすればいいのか全く分からないでしょう。

わかるためにはいくらかの時間が必要となるため、無知の状態で開始してしまうと失敗するケースが多いです。

それに対して、日経225は投資対象が、日経平均株価なので、個別の銘柄を選択する必要がなく、投資が容易だといえます。

FX投資のデモトレード最大のメリットは、仮想通貨を使って、取引を行えることです。

実際にあるお金ではないので、負けてもなんら問題がありません。

ですので、色々な取引の練習ができるようになっています。

本来なら、ハイリスクでできないこともデモトレードだったら行うことができるため、何をどうやったらダメなのかを知るためにあえて失敗をするといったこともできます。

FX少額投資のメリットとデメリット

株式取引というものには自動的に税金を差し引いていく特定口座が存在するのに対し、FX取引の場合は特定口座がまだないので、自ら税務署へ税金を納める必要があるでしょう。

けれど、計算間違いとか、つい忘れたりして脱税してしまう過失が増加しています。

税率が株式と同じ程度になったFXでも特定口座制度設立が期待されているのです。

FXを開始してからは、一日に2回3回と続けて為替の上がり下がりを目を通すようになりました。

株式市場と同一とは言えず、規定の時間だけでなく、終日世界中で取引が行われているので、アンテナを向け始めたらいつまでも続きますが、いつでも動向をチェックしています。

FXの意味を日本語でいうと外国為替の証拠金取引のことで、ドルと円など、異なる通貨同士による為替取引です。

為替相場というのは、日々動くものですが、FXはその変化を利用することによって通貨と通貨の売買を行い、為替による差益を得る投資法です。

最近の数年では、低収入でも始められる外貨投資法として、日本の中で人気となっていますね。

参考:FX初心者向けの少額口座どこがいいの?失敗しない3つの選び方

FXの口座開設に、何か不利になる点はあるのでしょうか?口座を設けたからといってお金が必要な訳ではありませんし、維持費の心配もないので、デメリットはないと言えます。

ですから、FXに関心を持っている人は取引を開始するかどうかは別にして、口座だけ試しに作るのも悪くないかもしれません。

FXには、様々な専門用語があります。

指値や逆指値などの言葉は、FXだけでなく、株でも使用します。

指値注文というのは成行注文と比べて、システマチックな取引ができるという利点がある反面、売り買いの取引が成立しにくいという短所もあります。

逆指値注文でしたら上手に使うと、損切りが早めに行えます。

外国為替証拠金取引では投資家の損失が増大しないように、予め定められた割合以上の損失が生じると強制的にロスカットする仕組みを使用しています。

相場が劇的に変動したり、翌日や週明けに大きな窓を開けて為替相場がスタートすると必要証拠金の維持率を大きく下回ってしまい、証拠金を上回る損失金額が生じるケースがあります。

簡単にFX口座は開設できますが、トレードで得するかどうかは別の事案になるので、事前に予習しておいた方がベターです。

さらに、FX会社によって少し口座開設についての条件内容が変わります。

その条件に該当しなければ口座開設はできないのでご注意ください。

FXで大事なことは、経済指標なのです。

そのような指標により、レートの乱高下が起こることも珍しくはありません。

何より有名な指標は、アメリカの雇用統計でしょう。

この指標が強い時には円安ドル高になる傾向があり、弱いと、円高ドル安になります。

為替相場の変動が大きい中央銀行の政策金利発表や指標発表がある時などは、スプレッドが大きくなることが多いため、FX業者の約定力こそが重要になるのです。

相場が3円以上も動いてくるような場合ですと、スプレッドだけを気にするのではなくスリッページについても気にかける必要があるのです。

成行注文でスリッページを狭めても約定力が落ちない業者を見極めましょう。

FXを始めたばかりの人は知識も経験もないので、負けがちです。

FX初心者が負けないポイントは、損切りのポイント設定が重要です。

また、1回のトレードではなく、損益をトータルで考えましょう。

9回の取引で勝っても、1度の大損失でマイナスになりかねません。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 【FXやり方】初心者におすすめの少額投資から始めるFXまとめ All Rights Reserved.

ページの先頭へ