ニキビを潰す弊害とは?

小さなニキビだと思わずその場でつぶしたくなってしまう衝動に駆られてしまう事も多いと思います。

でもそんな時こそ、ニキビをつぶした時の弊害を考えてグッと我慢しましょう。

ニキビをつぶすことにはいろいろな弊害が伴います。

白ニキビや黒ニキビぐらいの初期のニキビでも自分でつぶす際には弊害やリスクをきちんと理解してから、清潔な手でつぶさなければいけません。

ここではニキビをつぶすリスクをご紹介しましょう。

・ニキビ跡になる ニキビを間違った方法でつぶしたり、つぶしてはいけないニキビをつぶしていると、その場所がニキビ跡として肌に残ってしまう確率が高くなります。

ニキビ跡には赤みを帯びる色素沈着タイプもあれば、肌がボコボコになってしまう凹凸タイプのニキビ跡もあります。

ニキビ跡として残ってしまうと後からのケアに気が遠くなるほどの時間がかかるので、ニキビはニキビ跡にしないことを最優先に考えることが必要です。

・ニキビがひどくなる ニキビを指でつぶすと、ダメージを受けた毛穴から雑菌が入って周辺の組織が炎症を起こしてしまう可能性があります。

白ニキビなど、自分でつぶしてもニキビ跡に残らないようなニキビをつぶす時には、清潔な手でつぶすことはもちろん、つぶす前とつぶした後のニキビケアも忘れずにしましょう。

ニキビの毛穴から雑菌が入った場合には、赤く腫れて痛々しい状態になったり、周辺まで腫れが広がっていく事もあります。

そして、そういう場合の多くは最終的にニキビ跡として残ってしまう事も多いようです。

ニキビをつぶす場合には、自分でつぶしても良いニキビかどうかを見極め、リスクがありそうな場合にはつぶさずに皮膚科に行って治療を受けてくださいね。

ページのトップへ戻る