パッシブ運用とは?

投資信託の運用方法のひとつにパッシブ運用というものがあります。

投資信託を行う場合、ファンドマネージャーなどが投資する銘柄や業種を判断して行うというイメージがあります。

そのため、選択の是非やファンドマネージャーのセンス、勘などが成否の重要なカギを握る、と。

もちろん、そういう面もあるわけですが、パッシブ運用ではできるだけそういった不確定要素が入り込まない運用方法となっています。

簡単にいえば、トピックスや日経平均株価といった株価指数と連動した形で投資信託を行っていく運用方法のことを言います。

これらの株価指数は相場全体の動向を反映したものですから、パッシブ運用は市場の流れに合わせた形で投資を行っていくことになるのです。

一部上場企業をはじめ、株価指数に沿っている銘柄を投資の対象として組み入れていくことになります。

このパッシブ運用を導入しているファンドのことをインデックスファンドと呼んでいます。

このパッシブ運用の特徴としては収益が安定しており、リスクを少なく運用できる点が挙げられます。

また平均株価やトピックスをチェックするだけで資産運用の動向をおおまかにチェックできるという点は初心者にはわかりやすいでしょう。

さらに、銘柄選びに調査や分析があまりともなわいなため、手数料などのコストを低く抑えることができます。

ローリスクの運用方法として近年注目を集めるようになっており、この方式を導入するファンドも増えている状況です。

ページのトップへ戻る