ペイオフって何?

銀行が破綻した際に、ペイオフが解禁されるというニュースを見聞きしたことはあるでしょうか。

たいていの場合、ペイオフ=1,000万円までしか預金が保障されないものと考えられがちですが、その具体的内容を知らない方が大半です。

そもそもペイオフとは、金融機関が万が一破綻した場合に「預金保険機構」が決済用預金を除く、預金の元本1,000万円までとその利息額を預金者に直接支払う方式を指します。

見方を変えると、預金者の預金を守るために、各金融機関が預金保険機構に一定額の保険をかけることと考えると分かりやすいです。

ペイオフの背景にあるのは、金融機関の健全性に問題や風評の広がりに伴い、預金が返ってこなくなるのではと心配した人が、預金を預け入れなくなることを防ぐ狙いがあったとされています。

そのため、預金者の不安感や混乱を抑えるために、安心して預けれいれてもらえるように、ペイオフが導入されました。

万が一、銀行が破綻した場合、いきなりすぐにペイオフが発動される訳ではありません。

逆に、1,000万円までしか保証されないと怒った顧客が混乱を起こしてしまう可能性があります。

そのため、実際には資金援助方式を優先するようになっています。

1,000万円以上の預金を銀行に預け入れている方にとって、銀行の破綻は非常に恐ろしいニュースですが、ペイオフが発動しても預金が減らなくて済むように、可能な限り分散して預金を預け入れておくようにしましょう。

ページのトップへ戻る