旅行業務取扱管理者資格取得方法

旅行商品に関する取引を行う場合には旅行業務取扱管理者資格が必要になります。

旅行業法に基づいて行われる試験で国土交通省が管轄する国家資格になります。

この旅行業務取扱管理者の資格を取得すると、旅行に関する計画の作成や、旅行料金の掲示、そのほか旅行商品締結に関する業務などを行うことができます。

旅行業務取扱管理者の試験には2種類あり、海外旅行なども含めての取り扱いができる総合旅行業務取扱管理者の資格と国内旅行のみの取り扱いができる国内旅行業務取扱管理者の試験があります。

この試験においての試験科目の一部免除条件は、旅行業従事者が旅行業協会の実施する研修を修了すること、また国内旅行業務取扱管理者の資格を持っている方が総合旅行業務取扱管理者の資格試験を受験する場合です。

受験資格は年齢や学歴などを一切問いませんので誰でも受験することができます。

試験は年に1回行われます。

二つの資格試験の受験日は重なりませんので、両方を受験することも可能になります。

合格率は低く、総合旅行業分野では20%前後の狭き門になります。

通信教育を受ける事や旅行業資格取得に向けて専門学校に通う、市販されている問題集を多く解くことなどが必要になってきます。

旅行業法や旅行約款、海外旅行実務など旅行に関する法律や実務に関する問題が幅広く出されますので、広い範囲で勉強をされることをお勧めします。

資格を取得するとツアーコンダクターを担当したり、旅行会社などで働くことができます。

旅行ブームの中引く手あまたな資格になること間違いないでしょう。

ページのトップへ戻る