生理と肌荒れ

女性は毎月生理というものがありますので、辛いという方も多いでしょう。

また、生理前になると肌荒れを引き起こしてしまうという方も多いかと思いますが、なぜ生理前になると肌荒れが起きてしまうのでしょうか。

生理周期は一般的に28日前後だと言われており、それが閉経までの間ずっと繰り返されることになります。

しかし、ホルモンの量が変化することによって生理周期が乱れる可能性もあるのです。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、肌荒れを引き起こしてしまうことに繋がります。

また、肌荒れだけでなく、ニキビが出来てしまう方も多いと思いますが、これは皮脂の分泌が過剰になってしまうことが原因です。

生理のときには黄体ホルモンという男性ホルモンに似たものが分泌されるようになっており、このホルモンが分泌されることによって皮脂が過剰に分泌してしまい、ニキビができやすくなってしまうのです。

必ずしもニキビができてしまうというわけではありませんが、生理のときにはニキビができやすい肌の状態になってしまうということは確かなのです。

生理中にはイライラしてしまう方も多いと思いますが、ストレスは肌荒れに繋がってしまいます。

ですから睡眠をきちんととり、運動も適度に行うようにすることをおすすめいたします。

また、定期的にストレスを発散するようにするということも生理の肌荒れには効果的でしょう。

生理不順による肌荒れを予防したいのであれば、効果的な漢方薬やサプリメントもありますので、試してみるのも良いですね。

ページのトップへ戻る