住宅ローン減税はe-taxがおすすめ

住宅ローン減税の手続きは所得税の還付申請なので、通常の確定申告と同様にe-Taxによる電子申請も可能です。
e-Taxを利用すれば、税務署へ出向いて行き何時間も待たされるこがありません。
税務署の駐車場の順番待ちだけでも数時間取られてしまいますからね。
住宅ローン減税の場合、省略できない提出書類があると思いますが、それらは後日郵送すれば良いので自分のペースで手続きができます。
では、e-Taxを行うのには、どのような手順が必要かをまとめてみます。
まず、住民基本台帳カード(通称:住基カード)が必要です。
住基カードがない人は、市区町村の役所で発行してもらえます。
同時に電子証明書の発行手続きも済ませましょう。
それぞれ500円ずつ手数料がかかります。
カードが発行されたら、パソコンに接続するためのICカードリーダー(公的個人認証サービス対応のもの)も必要です。
以上のものを揃えるにかかる時間と税務署で待たされる時間、どちらが効率が良いか?判断はお任せします。
自営業は住宅ローン審査通らない?基準を暴露!【審査落ちないコツは?】