NTTの光通信回線でも回線が混雑する時にはスピードが落ちるようです

NTTの光通信回線であるフレッツ光は、大会社のNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度もハイクオリティなサービスを用意しています。
別の会社も価格などで競争しており、差が開かなくなってきていますが、シルバーの方たちからするとNTTが安泰だと思う人が大半だと思います。
早いといわれている光回線が安定しないわけの一つとして、ブロードバンド回線は、近隣住居やマンションの中などで回線を分かち合っているため、使う量が多い人がいるところでは遅くなることもあります。
例えば週末だったり夜だったり決まった時間帯にとりわけ遅くなり、不安定な場合はこれが理由かもしれません。
クレームがフレッツには多数届けられており、その一つに加入して一ヶ月後くらいに、急にネットに繋がらなくなるといったことがあります。
この例の場合、最初の設定にそもそも間違いのあることがわかって、無事に使うことが出来るようになったみたいですが、そのようなクレームは日毎に寄せられているようです。
ここ最近、光回線の業者が高齢者の家を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが増えつつあります。
そのような事態を鑑みて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明らかにしたのでした。

プロバイダー人気ランキングはこちら