学生のキャッシングは?

ANAカードの限らず、学生用カードの審査のハードルはそんなに高くないようです。
基本的に通学させられる財力がある家庭の子供であるということは在学していることで証明されているわけですから、親権者の所得証明を提出する必要もないようです。
それ故、学生カードは手軽に作ることができる反面、利用限度額やキャッシング枠が低いというデメリットもあるようです。
ANAカードに関してはJCBのキャッシング手数料は15.
00%から18.
00%で支払い方法は1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス一括払いがあり、締め日が毎月15日、引き落とし日は翌月10日と決められています。
VISAカードに関しては締め日、引き落とし日、支払い方法はJCBと同じです。
キャッシング手数料が5万円から99万円までが18.
0%、100万円から200万円までが15.
0%と規定はありますが、学生用カードのキャッシング限度枠は数万円程度ではないでしょうか?