レイクアルサの審査が甘い件の本音の口コミ

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融レイクアルサですが審査能力は非常に高いです。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容にして、消費者金融レイクアルサのイメージアップが成功してきています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか分からないという声もあがっています。

消費者金融レイクアルサのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

レイクアルサのカードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

ですから、レイクアルサのカードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

消費者金融レイクアルサというのは銀行と比較してお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融レイクアルサやクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でレイクアルサのキャッシングのサービスも提供しています。

これに対して消費者金融レイクアルサというのは貸金業専門となりますので限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のレイクアルサのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

人気が高い金融機関の理由は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。
参考:レイクアルサの審査は甘い?厳しい?即日審査の窓口【スマホ対応】


消費者金融のレイクアルサのキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融レイクアルサは貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されレイクアルサのカードローンやレイクアルサのキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためレイクアルサのカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。