不眠症の意味とは

不眠症は、その言葉の通り、眠れなくなる病気という意味の言葉で、寝付けない、すぐに目が覚める、寝たのに熟睡できず疲れている、などの睡眠に関する諸障害のことを指します。不眠症は、現代日本人に非常に多い病気とされており、10人に一人はなんらかの不眠症状を抱えているとさえ言われているようです。重度の不眠症の場合は、病院で処方される薬を飲むことで治療しなければなりませんが、ほとんどの場合が一過性のものや軽い症状のものが多いため、いわゆる民間療法と呼ばれる方法で改善することがあります。不眠症改善のための民間療法にもいろいろありますが、寝る前に刺激の強い光を浴びない、しっかりとお湯をはってお風呂に入る、静かな音楽を聞く、好みの香りのアロマオイルを焚くなどの方法がおすすめです。