坐骨神経痛を解消するには?

坐骨神経痛はカルシウムの不足や代謝異常で生じるケースがあります。

慢性的にカルシウムが不足すると、骨や軟骨組織が弱くなり、筋肉の緊張(凝り)を生じます。

その凝りが末梢神経の圧迫に至った際に、肩こりや腰痛、坐骨神経痛が生じると考えられています。

カルシウムは吸収されにくいミネラルの一種ですが、ビタミンDなどと一緒に摂取することで吸収を促進することが可能です。

坐骨神経痛の解消を目的で摂取するのであれば、カルシウム剤やサプリメントなどで500mg〜900mgくらいを目安に追加で補給してください。

ただし、ビタミン剤とカルシウムを同時に過剰摂取すると、下痢などの症状を起こす方もいるようです。

適度な量を摂るように心掛けてください。

カルシウムはあくまでも栄養素ですから、痛み止めのような即効性はありません。

最低でも3ヶ月、できれば半年以上は摂取を続けてください。

併せて適度な運動を行なうと、カルシウムの吸収を促進することができます。

自身の病状を確かめながら、可能な範囲で体を動かすようにしてみましょう。

医学的なアプローチとしては、消炎鎮痛剤、シップ薬、ビタミン剤の薬物療法や、低周波や温熱療法などの理学療法が行なわれます。

カルシウムを摂るのと同時に、医学のサポートも受けることをおすすめします。

外科手術によって根本的に症状の改善がなされるケースもありますが、術後・術前はやはりカルシウムの補給が重要になります。

坐骨神経痛は放置すると症状が悪化する場合が多いようです。

自覚症状が現れたらできるだけはやく対策を講じましょう。

ページのトップへ戻る